学校での自然体験を通した環境教育活動

学校でのプログラムに戻る
1年生・生活科・冬を探そうしよう
プログラム、フリップ、ワークシート

1年生の生活科の授業を校庭で行ないました。
今回は、「冬を探そう」です。
ワークシートに3つ探すものが書かれています。
「冬の色を見つけたよ」「カラカラしているものを見つけたよ」「ほかにもこんな冬があったよ」です。
班に分かれて、冬を探す場所に行き、それぞれが思い思い見つけた冬を持って、リーダーのところに喜んで次々にやって来ます。「こんなんあったで~」「こんな色の葉っぱあった!」「ちょっとここザラザラ(鋸歯のギザギザのとこ)触ってみぃ~」
発見その子にとってはすごい発見!こちらも、それを一緒に喜んで共感したいです。
体験活動中に子どもたちとリーダーとのコミュニケーションが、思考力や表現力を伸ばすことにつながるし、「すごいね」の一言が子どもに自信をつけます。
環境教育の行動力を育てる大切な部分でもあります。
大人とは違う目線で、先入観を持たずに一生懸命探してくれたからかもしれません。
1年生は、今学期が最後です。最後は全員に探してどれが一番よかったか、その訳を聞きました。みんな一生懸命発表してくれました。

プログラム
冬を探そうプログラム・2014_0128huyusagasi_P.pdf

活動の様子、フリップ、ワークシート

・・

・・

・・

・・

・・

・・

小学校の皆さんありがとうございました。


ワークシートは、A4サイズ、フリップカードはB4サイズ、横断幕はA2サイズを2枚貼り付けています。

ワークシートの内容を詳しくお知りになりたい方は、ファイルをメールで送ります。ご連絡ください。
メールは、問い合わせからお寄せください。


学校でのプログラムに戻る。---IPNET-Jイプネット・ジャパンホームページへ戻る