学校での自然体験を通した環境教育活動

学校でのプログラムに戻る
小学校4,5,6年生・震災支援学習
プログラム、フリップ、ワークシート

宍粟市東部の小学校の4~6年生で、震災支援学習を開催しました。
この日は19年前に、神戸で大きな地震があった記念日でもあります。
今の小学生は6年生でもまだ生まれていません。ずいぶん昔の話になってしまいました。建物や町の外見はずいぶん復興しましたが、被災者の心はまだまだ元には戻っていません。
今回は、みんなも記憶にある東北大震災の話をしました。
震災直後に現地に入って見たら、津波のあったところとなかったところでこんなにも違うのかと思うような状況でした。
現地の状況、被災者の状況、避難生活、支援ボランティアの活動などを紹介し、今の東北の様子をお話しして、自分たちにできることは何かを考えてもらいました。
子どもたちが、熱心に聞いてくれて、ノートをとっていたのには驚きました。
家に帰ったらおうちの方とも話し合ってほしいなと思いました。

プログラム
4年生授業・東日本震災支援学習
「助け合いの心」プログラム・2011_0706sinsaigakusyu.pdf

活動の様子、フリップ、ワークシート

・・

・・

・・

学校の皆さんありがとうございました。


ワークシートは、A4サイズ、フリップカードはB4サイズ、横断幕はA2サイズを2枚貼り付けています。

ワークシートの内容を詳しくお知りになりたい方は、ファイルをメールで送ります。ご連絡ください。
メールは、問い合わせからお寄せください。


学校でのプログラムに戻る。---IPNET-Jイプネット・ジャパンホームページへ戻る