学校での自然体験を通した環境教育活動

学校でのプログラムに戻る
中学1~3年生・ボランティアタイム・身近な自然観察
プログラム、フリップ、ワークシート

中学1~3年生のボランティアタイムの授業を校庭で行ないました。
今回は、90分の授業です。
前半を、スライドを使った講義、後半を校庭での自然観察にしました。
はじめに箕面山麓保全のスライドによるお話を理科室で約30分行ないました。
みのお山の四季の自然、野生動物や、山麓の抱える課題などをお話しました。
その中で、 意外と生徒たちは自分の町の山のことを知らなかったり、行ったことが無いと言うことが分かりました。エキスポの森やビジターセンター、有名な滝も行かないようです。
その後、校庭に出ました。中庭で4つの班に別れ、リーダーと一緒に自然観察シートを使って探しました。
身近な自然に触れたことがなかったのか、意外とふわふわしたものや毛が生えた葉っぱを見つけて驚いていました。
小さな植木からマメが出来ているのを見て驚いていました。その豆を一サヤにいくつ豆が入っていて、そのマメの房は一房はいくつあるか、その房の集まりがいくつあるかを分担して数えました。
概算ですが、房の数×一房のサヤの数×一サヤのマメの数を計算したら概算で2800個近くあり、皆驚いていました。
各班で、分かち合って最後にまとめの中で、「箕面の山を大切にするために、自然のすばらしさを知ろう」と伝えて終わりました。

参加生徒の感想

自分の周り、身近なところに、たくさんの自然がありました。季節ごとに変化する 自然もあって面白かったです。いろんな形や色の葉っぱをみつけることができたので楽しかったです。

面白かったです。身近な自然に色んな発見があってすごいと思いました。

普段、通らないところに一生懸命はえている草がりました。いろんな形の草や葉があり、すごいと思いました 。生命力の強い植物もあり、皆で感動しました。これからも、箕面の山をきれいにして下さい。私も協力していこうと思いました。

最初は説明だけで あまり面白くなかったけど 外で観察したとき すごく面白かったです。この活動して 僕が知らなかったことを知れたような気がしました。学校にもいろいろな形があってすごかったです。またこの活動したいと思いました。

箕面の山は とても綺麗だなあとビデオ見て思った。たくさんの生き物がいてすごかった。シカやイノシシや、クラゲが居る事は知らなかった。校庭の草をあつめた時に ササの葉がふわふわしているのに気づいた。

普段は、気が付かないところに生き物がいたり、見たことのない植物があって興味深かった。とてもチクチクしている植物があり触ると痛かった。赤色の綺麗な花があって、その中にアリがたくさんいたのでおどろいた。箕面の山にゴミが1.4トンもあるとゆうことにびっくりした。

学校の周りを見たらいろいろな所にいろいろな植物があった。自分の知らない植物もあった。いつも気にしていない植物をよく見てみると形が変わった植物があった。

僕はこの活動をして自然の方がよく分かりました。僕はすごいなとおもったのは、コンクリートに草がはえていたことです。またこの活動してみたいです。

箕面にはたくさんの自然なあるけれど、それを汚したりする人もいることを知って、そうゆうのは無くしていきたいと思いました。いろいろな形の葉っぱを集めるのがなかなか楽しかったです。これからもこういう自然を残していきたいと思います。

まず最初に思ったのは、山麓保全活動の皆さんは本当に自然を大切にしてるということだ。私たちの住んでいるこの箕面市、そして山や自然をもっと大切にしなくちゃいけないとおもった。

今日、話しを聞いて自然を大切にしなくてはいけないとゆうことがあらためて、わかった。箕面の川や池にはいろんな魚や貝やクラゲが居るということもわかった。最後色々な植物を取っていたら結構面白いものがたくさんあった。今日は結構面白かった。

この活動でまず知ったのは 箕面の山の自然のすばらしいところです。都会ではめったに見られない生物や景色がとても綺麗で、とても素晴らしいと思いました。次に校内で不思議なものや発見があったのがびっくりしました。このような経験ができてよかったです。

プログラム
身近な自然観察プログラム・2013_0719sizenkansatuP.pdf

活動の様子、フリップ、ワークシート

・・

・・

・・

・・

・・

学校の皆さんありがとうございました。


ワークシートは、A4サイズ、フリップカードはB4サイズ、横断幕はA2サイズを2枚貼り付けています。

ワークシートの内容を詳しくお知りになりたい方は、ファイルをメールで送ります。ご連絡ください。
メールは、問い合わせからお寄せください。


学校でのプログラムに戻る。---IPNET-Jイプネット・ジャパンホームページへ戻る