学校での自然体験を通した環境教育活動

学校でのプログラムに戻る
2年生生活科・「自然の手ざわりを探そう!」プログラム、フリップ、ワークシート

今日は、自然の手ざわりを皆で探しました。
ワークシートには、「チクチクしたもの」、「ザラザラしたもの」、「暖かく感じるもの」、「冷たいもの」を探してもらうようにしました。
子ども達は、ざらざらした葉っぱや産毛のような毛が生えた温かそうな葉っぱ、木の皮、タンポポやサザンカの花、タンポポの綿毛、枯れたエノコロの穂、ザラザラから冷たいまで全部を花束のようにしてスペシャルにしてくれたりしました。
発表会では、全員がスペシャルを発表しました。声の小さな子どももいましたが皆、見つけたものとなぜそれがスペシャルなのか「その訳」をちゃんと話してくれて感心しました。思考力、表現力を少しでも身に付けて、みんなの前で話すことになれてくれたらと思います。一人一人の発見に拍手をしました。
皆一生懸命がんばったので、皆で拍手しました。

そんな自然を大切にするために、生き物や友だちに優しくなってください、と自然を守る行動を伝えて終わりました。
最後に担任の先生も「いつも先生が言っていることと同じだよね」ってそのことの大切さを子ども達にしっかり伝えてくれていました。
先生もすごい。

プログラム
自然の中の手ざわり探しプログラム・2013_0123tezawari_P.pdf

活動の様子、フリップ、ワークシート



ワークシートは、A4サイズ、フリップカードはB4サイズ、横断幕はA2サイズを2枚貼り付けています。

ワークシートの内容を詳しくお知りになりたい方は、ファイルをメールで送ります。ご連絡ください。
メールは、問い合わせからお寄せください。


学校でのプログラムに戻る。---IPNET-Jイプネット・ジャパンホームページへ戻る