学校での自然体験を通した環境教育活動

学校でのプログラムに戻る
3年総合学習・「生物多様性調べ、校庭の自然大発見!」プログラム、フリップ、ワークシート

校庭の自然の中から様々な植物を探してもらいました。その中からスペシャルも探しました。
この日は「生物多様性調べ。校庭の自然大発見シート」を使って行ないました。
開催前にSIPのメンバーで下見し見本を作りました。でも花がなかなか見つかりませんでしたが、本番では子ども達は、花を見つけてくれました。
いつも思うことですが、「自然の多様性を信じたらいい、子ども達の感性を信頼したら間違いない!!」と言うことです。
これは別に何かの書物の引用でもなければ、先輩諸氏の発言の引用ではない、長年の活動の経験から得た確信です。
校庭の身近な自然から子ども達はたくさんの実や種を見つけてくれました。同じ種でも時間がたつとだんだん変わっていくところやたくさんの種類の葉っぱを見つけてくれました。黄葉や紅葉の葉、常緑でも赤くなったところがある葉、細長い草の葉、小さな葉様々な種の植物を探してくれました。
最期に「箕面の山を大切にするために、自然のすばらしさを知ろう」と伝えて、45分の授業を終えました。

プログラム
生物多様性調べ。校庭の自然大発見プログラム・2012_1128seibututayousei_P.pdf

活動の様子、フリップ、ワークシート



ワークシートは、A4サイズ、フリップカードはB4サイズ、横断幕はA2サイズを2枚貼り付けています。

ワークシートの内容を詳しくお知りになりたい方は、ファイルをメールで送ります。ご連絡ください。
メールは、問い合わせからお寄せください。


学校でのプログラムに戻る。---IPNET-Jイプネット・ジャパンホームページへ戻る