ipnet-j

ベオグラード憲章

ベオグラード憲章全文(英文と日本語翻訳)
環境教育の目的と理念の更なる理解のために

日本国内では、環境教育はさまざまな理解や解釈がされている。理科教育や科学教育と混同されているところもある。国際社会における環境教育の定義を環境教育リーダーはぜひ身に付けておいてほしい。

ベオグラード憲章全文(日本語翻訳)

ベオグラード・憲章

環境教育のためのグローバルな枠組み
10日間のワークショップが終了し、後の地域会議により修正されたベオグラードの声明が満場一致で採用された。グローバルな環境教育のための枠組みと指針の信念は、ベオグラード・憲章として知られるようになった。
それは次のものである。

環境の状態
我々の世代は、先例のない経済成長と技術的進歩を目撃した。それは、多くの人々に利益を持たらした。しかし、社会と環境にひどい結果を引き起こした。不平等は、貧しい者と富める者、国家間、国の中でも大きくなっている。そして、世界的規模のいくつかの形態の中に身の回りの環境悪化を増加させる証拠がある。この状態は、主に比較的少ない数の国によって引き起こされるが、全人類に影響を及ぼす。
最近、「新しい国際経済秩序のための国連宣言」は、開発の新しい概念を要請した。それは、地球のすべての市民のニーズの満足感と、社会の多元化、人類と環境のバランスと調和を考慮するものである。ここで要請されていることは、貧困、飢え、文盲、汚染、搾取と支配の基本的な原因の根絶である。これらの重要な問題に対処することは、以前のパターンではもはや実行可能ではない。
それは、人々の上に有害な影響をもたらさない種類の経済成長をサポートする処置について世界の市民が主張することはきわめて重要である。それは、彼らの環境と生活状況をどんな形であれ低下させないであろう。
国家は、別の国家を犠牲にして成長または発展すべきでない。そして、個人消費は、他の人を犠牲にして増加させてはならない確実な方法を見つけることが必要だ。 世界の資源は、全人類に役立ち、皆の生活の質を高め可能性を提供する方法で開発されるべきである。
私たちは、完全(何も不足していない)で新しいグローバルな倫理を求めている。その倫理的体系は、生物圏の中で共に調和する個人や社会の振る舞いや態度を支持する。そしてそれは人間と自然の、および人々の間の複雑で、常に変わる関係を識別し、敏感に反応する。この新しいグローバルな理念によって導かれる合理的な発展を保証するために、世界のすべての国で重要な変化が生じなければならない。その変化とは、世界の資源の公正な分配に向けられ、より公平に全ての民族の必要を満たすことである。この種の発展は、環境に対する有害な影響を最大限縮小すること、生産目的のための廃棄物の利用、そのような目的が達成可能になるテクノロジーの構想もさらに必要とするだろう。とりわけ、それは異なる社会制度の国家間が共存と協力を通して永続する平和の保証を求めるだろう。人間のニーズを満たすための実質的資源再配分は、軍事予算を制限して、武器の製造競争を減らすことを通して得ることができる。軍備縮小は、究極のゴールでなければならない。
環境の発展と改善への新しいアプローチが国家と地方で優先事項として追加することを要求する。社会や生活の質を改善するために利用可能な資源で経済生産高を最大にすることを目的としその結果に配慮のない方針は、異議を唱えなければならない。この優先事項の変更を成し遂げられるまでに、何百万もの個人の自分自身の優先事項を合致させる必要があり、個々人がグローバルな倫理を身に付ける必要がある。そして、環境および世界の人々の暮らしの質的改善への関与を彼らのふるまいの全てに反映させることである。
教育のプロセスとそのシステムの改革は、この新しい発展倫理と世界経済秩序の建設にとって主要である。政府と政策立案者は、秩序を変えることができる。そして、新しい発展アプローチは、世界の状況を改善し始めることができる。しかし、これら全ては、世界の青年が新しい種類の教育を受けない限り短期では解決できない。これは、学生と先生の間の、学校とコミュニティの間の、そして、教育制度と社会の間に新しくて生産的な関係を広く必要とする。
人間環境に関するストックホルム会議の勧告96は、世界の環境危機に対する全面的な挑戦で最も重要な要素のうちの1つとして、環境教育の発展を必要とした。この新しい環境教育は、新国際経済秩序に関する国連宣言で概説される基本原則に基づき、強く関連していなければなりません。
このような背景の中で、世界的な環境教育プログラムのために土台を作らなければ、新しい知識と技術、価値と態度を発展させ、環境のよりよい質、および確かにその環境内に生きている現在と将来の世代のより高い質の生活に向うことが可能になるだろう。

環境の目標(ゴール)
環境行動の目標(ゴール)とは:
人類と自然の関係、人と人の関係含む全ての生態学的な関係を改善すること。
そこで2つの予備目的を置く:
1.各国の文化のために、自分の国境を越えて他の文化を明らかにすることを広げ評価すると共に、総合的環境の背景の中で「生活の質」および「人間の幸福」のような基本概念の意味を明らかにする。
2.どのような行動が人類の可能性を維持し発展させるか。また、生物生態学と人工環境の調和した社会的な個々の幸福の発展を保証するか確認すること。

環境教育の目標(ゴール)
環境教育の目標(ゴール)は次のとおりである:
環境とその関連する問題に気づき、関心を持つと共に、現在の問題解決や新しい問題を防止するために、個々にまたは集団でそのための知識、技術、態度、意欲、関わりなどを目的達成のために意識的、意図的に働く住民を世界中に育てることである。

環境教育目的
環境教育の目的は次のとおりである:
1.意識とは、個人と社会集団が、総合的環境およびそれに関連する問題を意識し感受性を身に付けるのを助けること。
2.知識とは、個人と社会的集団が総合的環境とそれに関連する問題、およびその問題の中の人類がきわめて大きな責任ある存在と役割であることを基本的な知識として身に付けるのを助けること。
3.態度とは、個人と社会集団が、社会的価値、環境に対する強い懸念の感情、および環境の保護と改善に積極的に参加する意欲を身に付けることを助けること。
4.技術とは、個人と社会集団が環境問題の解決のために技術を身に付けることを助けること。
5.評価能力とは、個人と社会集団が、環境基準と教育プログラムを生態学的、政治的、経済的、社会的、美的、教育的要因から評価するのを助けること。
6.参加とは、個人と社会集団が、環境問題を解決する適切な行動を保証する環境問題に関する責任感および切迫感を深めるのを助けること。

(環境教育の)受講者
環境教育の主要な受講者は一般大衆である。
この世界的枠組みの範囲内では、主なカテゴリーは次のとおりである:
1.公的教育部門..学齢未満、初級(小学校)、中等学校(中学校)、高等教育学生(高校生や大学生)、同様にトレーニングおよび再トレーニング中の教師、環境専門家を含むこと。
2.非公的教育部門..環境の領域にあるか無いかを問わず若い人と大人、個々に、または集団の全ての住民、例えば家族、労働者、経営者、意思決定者を含んでいること。

環境教育プログラムの指導原理
環境教育の指導原理は次のとおりである:
1.環境全体を、自然と人工物、生態学的、政治的、経済的、技術的、社会的、立法府、文化的、美的に考慮しなければならない。
2.環境教育は、学校の内外で生涯に渡って続けるものでなければならない。
3.環境教育は、目的に近づくために学際的でなければならない。
4.環境教育は、環境問題を防止して、解決することへの行動参加を強調しなければならない。
5.環境教育は、地域の違いに正当な注意を払って、世界の視点から見て主な環境問題を検討しなければならない。
6.環境教育は、現在と将来の環境状況に注目しなければならない。
7.環境教育は、環境上の観点からすべての発展および成長を検討しなければならない。
8.環境教育は、環境問題の解決において、地域的、国家的および国際的な協力の重要性と必要性を促進しなければならない。
日本語訳 本多孝IPNET-J総括研究員

GO TO TOP▲

ベオグラード憲章全文(英文)

The Belgrade Charter

A Global Framework for Environmental Education
Adopted unanimously at the close of the 10-day workshop at Belgrade was a statement, subject to modification by subsequent regional meetings, of the framework and guiding principles for global environmental education, which became known as the Belgrade Charter.
It follows:Environmental Situation
Our generation has witnessed unprecedented economic growth and technological progress which, while bringing benefits to many people, have also caused severe social and environmental consequences. Inequality between the poor and the rich among nations and within nations is growing; and there is evidence of increasing deterioration of the physical environment in some forms on a world-wide scale. This condition, although primarily caused by a relatively small number of nations, affects all of humanity.
The recent United Nations Declaration for a New International Economic Order calls for a new concept of development – one which takes into account the satisfaction of the needs and wants of every citizen of the earth, of the pluralism of societies and of the balance and harmony between humanity and the environment. What is being called for is the eradication of the basic causes of poverty, hunger, illiteracy, pollution, exploitation and domination. The previous pattern of dealing with these crucial problems on a fragmentary basis is no longer workable.
It is absolutely vital that the world’s citizens insist upon measures that will support the kind of economic growth which will not have harmful repercussions on people; that will not in any way diminish their environment and their living conditions. It is necessary to find ways to ensure that no nation should grow or develop at the expense of another nation and that the consumption of no individual should be increased at the expense of other individuals. The resources of the world should be developed in ways which will benefit all of humanity and provide the potential for raising the quality of life for everyone.
We need nothing short of a new global ethic – an ethic which espouses attitudes and behaviour for individuals and societies which are consonant with humanity’s place within the biosphere; which recognizes and sensitively responds to the complex and ever-changing relationships between humanity and nature and between people. Significant changes must occur in all of the world’s nations to assure the kind of rational development which will be guided by this new global ideal – changes which will be directed towards an equitable distribution of the world’s resources and more fairly satisfy the needs of all peoples. This kind of development will also require the maximum reduction in harmful effects on the environment, the utilization of waste materials for productive purposes, and the design of technologies which will enable such objectives to be achieved. Above all, it will demand the assurance of perpetual peace through coexistence and cooperation among nations with different social systems. Substantial resources for reallocation to meet human needs can be gained through restricting military budgets and reducing competition in the manufacture of arms. Disarmament should be the ultimate goal.
These new approaches to the development and improvement of the environment call for a reordering of national and regional priorities. Those policies aimed at maximizing economic output without regard to its consequences on society and on the resources available for improving the quality of life must be questioned. Before this changing of priorities can be achieved, millions of individuals will themselves need to adjust their own priorities and assume a personal and individualized global ethic – and reflect in all of their behaviour a commitment to the improvement of the quality of the environment and of life for the world’s people.
The reform of educational processes and systems is central to the building of this new development ethic and world economic order. Governments and policy makers can order changes, and new development approaches can begin to improve the world’s condition – but all of these are no more than short-term solutions, unless the youth of the world receives a new kind of education. This will require new and productive relationships between students and teachers, between schools and communities, and between the education system and society at large.
Recommendation 96 of the Stockholm conference on the Human Environment called for the development of environmental education as one of the most critical elements of an all-out attack on the world’s environmental crisis. This new environmental education must be broad based and strongly related to the basic principles outlined in the United Nations Declaration on the New International Economic Order.
It is within this context that the foundations must be laid for a world-wide environmental education programme that will make it possible to develop new knowledge and skills, values and attitudes, in a drive towards a better quality of environment and, indeed, towards a higher quality of life for present and future generations living within that environment.

Environmental Goal
The goal of environmental action is:
To improve all ecological relationships, including the relationship of humanity with nature and people with each other.
There are, thus, two preliminary objectives :
1. For each nation, according to its culture, to clarify for itself the meaning of such basic concepts as “quality of life” and “human happiness” in the context of the total environment, with an extension of the clarification and appreciation to other cultures, beyond one’s own national boundaries.
2. To identify which actions will ensure the preservation and improvement of humanity’s potentials and develop social and individual well-being in harmony with the biophysical and man-made environment.

Environmental Education Goal
The goal of environmental education is:
To develop a world population that is aware of, and concerned about, the environment and its associated problems, and which has the knowledge, skills, attitudes, motivations and commitment to work individually and collectively toward solutions of current problems and the prevention of new ones.

Environmental Education Objectives
The objectives of environmental education are:
1. Awareness: to help individuals and social groups acquire an awareness of and sensitivity to the total environment and its allied problems.
2. Knowledge: to help individuals and social groups acquire basic understanding of the total environment, its associated problems and humanity’s critically responsible presence and role in it.
3. Attitude: to help individuals and social groups acquire social values, strong feelings of concern for the environment and the motivation for actively participating in its protection and improvement.
4. Skills: to help individuals and social groups acquire the skills for solving environmental problems.
5. Evaluation ability: to help individuals and social groups evaluate environmental measures and education programmes in terms of ecological, political, economic, social, esthetic and educational factors.
6. Participation: to help individuals and social groups develop a sense of responsibility and urgency regarding environmental problems to ensure appropriate action to solve those problems.

Audiences
The principal audience of environmental education is the general public.
Within this global frame, the major categories are:
1. The formal education sector: including pre-school, primary, secondary and higher education students as well as teachers and environmental professionals in training and retraining;
2. The non-formal education sector: including youth and adults, individually or collectively from all segments of the population, such as the family, workers, managers and decision makers, in environmental as well as non-environmental fields.

Guiding Principles of Environmental Education Programmes
The guiding principles of environmental education are:
1. Environmental education should consider the environment in its totality – natural and man-made, ecological, political, economic, technological, social, legislative, cultural and esthetic.
2. Environmental education should be a continuous life-long process, both in-school and out-of-school.
3. Environmental education should be interdisciplinary in its approach.
4. Environmental education should emphasise active participation in preventing and solving environmental problems.
5. Environmental education should examine major environmental issues from a world point of view, while paying due regard to regional differences.
6. Environmental education should focus on current and future environmental situations.
7. Environmental education should examine all development and growth from an environmental perspective.
8. Environmental education should promote the value and necessity of local, national and international cooperation in the solution of environmental problems.

ユネスコホームページより参照

GO TO TOP▲