2021_0628総合学習3年生の授業で生物多様性自然体験環境学習

      2021_0628総合学習3年生の授業で生物多様性自然体験環境学習 はコメントを受け付けていません


6月28日、3年生の総合学習の授業で「生物多様性」の自然体験環境学習をしました。「形の違う葉っぱ探し」です。
雨の予報でしたが、曇りで雨に合わずに済みました。
どうして植物の種類が多いのかそれには訳がある。そこで生物多様性がわかるようなクイズを出しました。単調な種類しかなかったらもし干ばつで枯れたら全滅してしまいます。いろいろな種類の植物があれば、干ばつに強い植物や枯れても生き延びれる植物など多様だったら自然がなくなることはないし、やがて枯れた植物も戻ってくるでしょう。

それで、学校にどれだけの種類の植物があるか調べてみようと「形の違う葉っぱ探し」をしました。
細い葉っぱや丸い葉っぱ、葉脈が縦向きだったり中心から広がっていたり、ハート形や三つ葉、色のきれいな葉っぱとたくさんの種類が見つかりました。
ワークシートに貼って発表会をしました。
みんな静かに聞いてくれ、拍手してくれました。発表も全員大きな声ではっきり言ってくれました。
終わってからも、もっと発表したかったと話しに来てくれました。
最後に自然が大切な訳を伝えて終わりました。
プログラム・形の違う葉っぱ探し(生物多様性)  
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程)
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)