2021_0208生活科2年生の授業で植物の冬越しの自然体験環境学習をしました。

ipnetj   2021/02/08   2021_0208生活科2年生の授業で植物の冬越しの自然体験環境学習をしました。 はコメントを受け付けていません


2月8日月曜日の3時間目に2年生の生活科で自然体験環境学習授業を行いました。
活動は「植物の冬越し」。冬場、草はどうやって寒い冬を暮らし乗り越えていくのか、はじめにクイズを交えながら一年草、多年草の話をしました。1年で枯れて種で冬を越す植物を1年草。何年も生き続けて冬を越す多年草を学びました。
多年草が冬を越すときにロゼットになることを話しました。
そして実際にロゼットを探しに中庭に行きました。

一生懸命探していて「無いない」と言いながらも手にはしっかりたくさんのロゼットの葉っぱを持っていました。「触って、触って」とはっぱを持ってきてフワフワしてるとかざらざらしてると教えてくれる子どもがたくさんいました。ほかにも色のきれいな赤いロゼットを見つけて見せに来てくれました。
発表会では、よく葉っぱを観察してくれていて触るとフワフワしている、トゲトゲしている、色がきれい、すごく長いのや大きいのを見つけて発表していました。葉っぱ1枚が割れていたのを怒っている横顔に見えると例えてく発表してくれました。たどたどしく発表してくれた子どもの発言をみんなちゃんと待って聞いて拍手してくれていて優しい子どもたちのクラスだなと思いました。
最後に自然の大切さとその訳を伝えて終わりました。
プログラム
自然体験プログラム「植物の冬越し」
冬越しのプログラム(ワークシート・フリップカード)
植物の冬越し・ロゼットの観察(時間配分)

自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)