2021_0115小学校4年生で防災学習授業

ipnetj   2021/01/15   2021_0115小学校4年生で防災学習授業 はコメントを受け付けていません


1月17日は阪神大震災があった日から26年がたちます。学校でも防災のために避難訓練をしたりお話を聞いたりしているようです。今年度は17日が日曜日のため15日に4年生の授業で防災学習を行いました。
阪神大震災から大きな地震が続きましがこの地域では地震よりも水害の方が多く発生し、亡くなられた方もおられました。防災の問題は地震だけではありません。
そして一番近く記憶にも新しい東北大震災の現地での実際の体験に基づいてスライドを交えて話をしました。3月11日に地震と大津波が襲った大変大きな被害が出ました。津波で多くの車が流されました。現地に3月22日に入ってから、実際に避難所が無くなる9月までボランテイアで支援に入った時のお話をしました。

ある小学校では、子どもたちや先生がみんな避難できたました。それは日ごろから、一生懸命避難訓練に取り組んでいたからでした。
それと人の話を日頃からよく聞くこと。いざというときパニックになったり、聞き漏らして一瞬の判断ができず生死を分けることもあります。
日頃から一生懸命訓練に取り組み、人の話をよく聞く習慣は自分を守ることにもつながると伝えました。
子どもたち自身が避難所でお手伝いや受付などのボランティアをしたりしていました。自分にできることを考えたり、おうちの方といざというときどうするか話し合ってほしいです。みんなで助けあったり感謝の気持ちを持ってほしいと伝えました。先生から、実際に現地にいかれてその話が聞けて良かったと感想をおっしゃっていました。