2020_1030小学校の2年3年生で自然体験環境学習の授業。足元の自然発見。

ipnetj   2020/10/30   2020_1030小学校の2年3年生で自然体験環境学習の授業。足元の自然発見。 はコメントを受け付けていません


この日は、天気は良かったのですが風が強く体育館をお借りして自然体験以外は体育館で行いました。
今回は初めての新しいプログラムのワークシートです。
今年度2回目の授業で子ども達は、スクールインタープリターの名前を全員覚えてくれていました。初めに足元の自然環境のクイズを2問してワークシートの見本を見せ、班に分かれて校庭に出ました。

しゃがんでその一帯の草原の様子を観察しながら葉っぱや花、種のついたものを採取しました。
わずかな草地でもたくさんのいろいろな葉っぱや花、種が見つかりました。
体育館に戻りそれらをワークシートに貼りました。足元にジャングルのように草花がいっぱいある様子がわかりました。「これがお気に入り!!」「その訳も考えた」「これを発表する」と、ワクワクしている様子がうかがえました。
細かなところを観察してくれた発表や「手触りがモフモフ」とか「ざらざらしていた」「まるで糸のよう」と例えてくれる子もいました。
最後に自然の大切さとその訳を伝えて終わりました。
プログラム(足元の自然発見)  
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程)
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)