2019_1126東部の幼稚園で自然体験環境学習、自然の形探しをしました。

ipnetj   2019/11/27   2019_1126東部の幼稚園で自然体験環境学習、自然の形探しをしました。 はコメントを受け付けていません。


11月26日午前中、東部の幼稚園で自然体験環境学習、自然の形探しをしました。10時から年少クラス、11時から年長クラスの2回行いました。
みんなで仲良しジャンケンをし、このジャンケンのグー、チョキ、パーの形をしたものを園庭の自然の中から探しました。
子ども達は素早く見つけてくれました。ワークシートに貼って、みんなでそれぞれどんな形を見つけたのか、見せ合いっこをしました。グーは葉っぱを丸めたものや石ころ、木の実。チョキは葉っぱの切れ目やちょうど2つに分かれた葉っぱ。パーは細い葉っぱが手のひらのように広がったものや大きな三つ葉、広い葉っぱを探していました。スタッフ先生の順で仲良しジャンケンをし、「みんなも先生の役出来る?」と聞くとやりたいオーラいっぱいに手を挙げてくれました。
順番に先生役をしてもらいグー、チョキ、パー3つ中でどれがお気に入りか聞きました。指さすだけでなくその訳も話してくれました。
「色がきれい」「形が面白いから」「葉っぱのギザギザがよかったから」「好きな色だから」・・・。なかなか訳をきちんというのはとても難しいことですが大きな声で発表してくれました。
最後に自然の大切な意味を話し終わりました。
元気な子ども達で楽しかったです。
プログラム
http://ipnet-j.com/2009/10/22/jyaiken-2/
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)