2019_1007山崎北部の幼稚園で自然体験環境学習。形探しをしました

ipnetj   2019/10/07   2019_1007山崎北部の幼稚園で自然体験環境学習。形探しをしました はコメントを受け付けていません。


10月7日、今日は、山崎町北部の小さな幼稚園に行きました。
天気も良く暑いぐらいの陽気です。
今日は、「自然の中の形見つけ、グー、チョキ、パーを見つけよう」をしました。
最初に仲良しジャンケンをして今度はみんなで自然のグー、チョキ、パーを探してしようと見本を見せました。
イメージができたのでみんなで園庭に出ました。葉っぱをぐちゅぐちゅと丸めてグーにしたりお花でパーにしたりとみんな熱心に楽しそうに探していました。部屋に戻つてカードにセロテープで貼りました。
まずみんなでグー、チョキ、パーの作品を見せ合いっこしました。ネコジャラシ2つでチョキ、双葉のチョキ、笹が5つ出ているのでパーなどいろいろな感性で探してくれていました。
みんなで仲良しジャンケンをしました。初めにスタッフ、そして先生と順番にして子ども達に先生役をやってもらいました。その時、一人一人に3つの中でどれが一番のお気に入り?なんで?とその訳を聞きました。子ども達はちゃんと自分にしかわからない訳を話していました。
「チョキっぽい形だから」「種が並んでいるから」「パーの手を開いた形に似ているから」「グーぽいから」「匂いがいいから」「色がきれいだから」と発表していました。えらいな~と思いました。最後に自然が大切な訳を話して終わりました。
プログラム
http://ipnet-j.com/2009/10/22/jyaiken-2/
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)