2019_0918山崎町市街地の小学校で生物多様性の自然体験環境学習授業。

ipnetj   2019/09/18   2019_0918山崎町市街地の小学校で生物多様性の自然体験環境学習授業。 はコメントを受け付けていません。


2学期の学校での活動が始まりました。生物多様性の自然体験環境教育授業を行いました。
スタッフで開始前に下見でやってみましたが、校庭の自然でもいっぱい見つかり、3人のワークシートに貼ったものはすべて違うものばかりで種が多いことがわかりました。
生物多様性をクイズにした勉強をして、葉っぱを5~7種類、探してみました。子ども達は見つけてはスクールインタープリターの所に見せに来てくれました。ワークシートに見つけた植物を貼って発表会を行いました。
いろんな葉っぱを見つけてくれた中で、お気に入りの葉っぱとその訳を一人一人発表してもらいました。
子ども達は、「葉っぱの表と裏を触ると表がツルツル、裏がざらざらしていた」「カサっとしていたりフワッとしていてよかった」「色がきれい」「いいにおいがした」「同じ葉っぱが3つあるけど真ん中は、ハート模様があるからそれが気に入った」と葉っぱの特徴をよく見てくれていました。また、「葉の裏がポテトチップみたい」「アマゴの模様に似ている」うまくたとえてくれました。
先生も子供たちをよく褒めてくれていました。最後に先生から、「発表が声が大きくなった。よかった。3学期の目標は、ちゃんと聞くことができるようになろう」と子供たちの成長と今後に対してすごくいい方向を子ども達に話していました。
「明日はe-みらっその授業だよ」と言ったら子供たちは大喜びしていたと話してくださいました。
プログラム・形の違う葉っぱ探し(生物多様性)  
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程)
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)