2019_0702宍粟市南部の小学校2~3年生の授業で自然体験環境教育【五感で探す】

ipnetj   2019/07/02   2019_0702宍粟市南部の小学校2~3年生の授業で自然体験環境教育【五感で探す】 はコメントを受け付けていません。


梅雨の合間ですが夜中の雨が上がり、校庭で行うことができました。
この学校では2年生3年生の合同で行いました。
五感とは何かの説明、五感のクイズでなぜ五感で観察することが大切かを説明から学びました。
3つの班に分けて「さあ頑張って探すぞ、エイエイオ~」と掛け声をかけて、いざフィールドへ。
探しながら「これツルツル」とリーダーに見せに来てくれたり、ヘクソカズラの臭いをかいて笑いあっていました。
探したものをワークシートに貼りいよいよ発表会です。
班ごとに出てきて一人一人発表しました。「バナナのにおいがした」「こっちから触るとツルツル、反対に触ると引っかかってざらざら」「下からだんだん色が変わっていて一番よかった」と発表してくれました。においと手触りの両方を発表してくれた子もいました。
みんなしっかり言えて声も大きかったです。
発表前にお友達と言う練習をし、さらにリーダーに聞いてとまた発表の練習をしていた子供もいました。みんな素敵な発表、大きな声でしてくれて感心しました。
プログラム
プログラム(ワークシート、フリップカード)

プログラム(時間行程)
自然の大切さを伝えるプログラム

自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)