2019_0621宍粟市西北部の小学校2年生で自然体験学習【五感で探す】

ipnetj   2019/06/21   2019_0621宍粟市西北部の小学校2年生で自然体験学習【五感で探す】 はコメントを受け付けていません。


宍粟市西北部の小学校2年生の生活科で自然体験学習【五感で探す】をしました。
はじめに五感の説明をしたとき、「見てわかることは?」と聞いてもみんな神妙で答えてくれなかったのですが、一人の子が手を挙げて形と言ってくれたのをきっかけに次々と手が上がりました。今までも同じプログラムは、他所でもしていましたが、初めて聞くような事柄もいくつも出てきて驚きました。
五感とは何かを学び、いよいよ校庭に出発。
色や形、においがするもの、手触り、音がするもの、他に何でもよい。5つを探しました。
子ども達は「こんな匂いした」とか手触りを見せに来てくれました。てきぱきと探してくれて、戻ってからもすぐにワークシートに貼っていました。みんな違うものを見つけてくれていました。
さあ、発表会の始まりです。
班ごとに出ていき一人ずつお気に入りとその訳を話してもらいました。
「葉っぱの茶色いところがマヨネーズみたいな匂いがした」
「癒される匂いだ」
「葉っぱの手触りがよかった」
「四葉のクローバーを見つけたので幸せになるような気がする」
「葉っぱの手触りがよかったし、よく見ると小さな毛がいっぱいあった」
と発表してくれました。自分の思いを一人一人が話してくれて、みんなが違うことばかりでした。自分の言葉で話してくれて、表現もいろいろな角度から発表してくれました。全員が大きな声でみんなによく聞こえました。すごくいいクラスでした。
身近な自然は、丈夫で取ってもまた元に戻るようなものでも知恵や恵みをくれているので大切に思う気持ちを持ってほしいと伝えて終わりました。
素敵なクラスですごく楽しかったです。
プログラム
プログラム(ワークシート、フリップカード)

プログラム(時間行程)
自然の大切さを伝えるプログラム

自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)