2019_0527山崎北部の小学校3年生で「植物の一生調べ」の授業

ipnetj   2019/05/28   2019_0527山崎北部の小学校3年生で「植物の一生調べ」の授業 はコメントを受け付けていません。


3年生の総合学習の時間に、校庭の身近な自然で自然体験環境学習を行いました。
この日のプログラムは、「植物の一生調べ」をしました。植物の循環です。
この3年生は、2年生の時から生活科の授業で体験してくれていて要領を得てスムーズにプログラムが流れました。
子ども達は説明を聞いた時からどこで探すか話していました。遊んだりせずに自分の課題をちゃんと探していました。生まれたての葉っぱ、花、実、枯れた葉っぱの植物の一生を探しました。子ども達は、頑張って校庭の自然から探し出していました。花がたくさんありました。カタバミのはじける実をうまく皮を1枚剥いできれいに並んだ種をうまく見えるようにワークシートに貼っていました。つつじのきれいな花を貼っていました。花もあるし実もあるものを見つけたり、実が小さなスイカみたいとか、ブロッコリーみたいとうまくたとえて探してきていました。落ち葉の花びらの色のいいところをやさしい手つきで見せにもってきてくれました。
発表では、みんな大きな声で自分のお気に入りとその訳を話してくれました。五感で手触りや色を見てくれた児童もいました。
身近な自然の大切さをそこから学びました。

プログラム・植物の一生調べ(自然の循環)  
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程
自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)