2019_0227千種町の小学校2年生で植物の冬越し観察

ipnetj   2019/03/02   2019_0227千種町の小学校2年生で植物の冬越し観察 はコメントを受け付けていません。


今年度最後の自然体験環境学習の授業日です。
2年生の生活科の授業です。この日は、植物の冬越し、ロゼットの観察を行いました。
一年草と多年草の違い、冬を越す多年草がロゼットになって風をやり過ごし、太陽の光をいっぱい浴びるようにしていることをフリップカードを使って説明しました。
とっても影響のない自然、取ったらなくなって元に戻らない自然がありその違いを伝え、班に分かれて、ロゼット探しに行きました。
子どもたちは一斉に走り出しついていくのが大変でした。
よく見ると足元にいっぱいありますが気付かないもので「これだよ」と教えてあげると次々見つけていました。
自然は、恵みを与えてくれ、O₂を出してくれ、自然の知恵を教えてくれたり、文化もはぐくんでくれている。なので最後に身近な自然を大切にしようと伝えて終わりました。
プログラム
冬越しのプログラム(ワークシート・フリップカード)
植物の冬越し・ロゼットの観察(時間配分)

自然体験プログラム「植物の冬越し」

自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)