2019_0215山崎町西部の小学校3年生で自然体験環境教育授業(落ち葉のゆくえ)

ipnetj   2019/02/16   2019_0215山崎町西部の小学校3年生で自然体験環境教育授業(落ち葉のゆくえ) はコメントを受け付けていません。


この日の学習は、「落ち葉のゆくえ」をしました。落ち葉が土に戻る過程を説明し、その中でミミズやダンゴムシ、小さな生き物が落ち葉を食べて糞をして土にしてくれることを学びました。
その後、外に出て落ち葉を地面からとって持ち帰り上から順番にめくってワークシートに貼りました。
発表会では、落ち葉がだんだん土に変わっていくところがわかりました。子ども達は、触ってみると落ち葉のふちがギザギザなっているとか、落ち葉に穴が開いていて食べられた跡があったり、落ち葉がくるんと丸くなっていたと話していました。女の子が最後は小さな土の粒になっているのがよかったと発表してくれました。
元気な子ども達でした。
プログラム
落ち葉のゆくえ・土に変わっていく ワークシート、フリップカード
落ち葉にゆくえプログラム(時間配分)

自然の大切さを伝えるプログラム
自然の大切さの意味と採取問題(フリップカード)