2019_0205自然の大切さを伝えるプログラム・採取問題

ipnetj   2019/02/06   2019_0205自然の大切さを伝えるプログラム・採取問題 はコメントを受け付けていません。


採取についての考え方。
このプログラムでは、採取してはいけない貴重な自然と人が手を入れても丈夫でたくさんある自然があり学校の自然は、採取しても自然を壊さないことを伝えました。子ども達の中には雑草を取っても自然破壊という子もいるので今回、配慮しました。
この部分は、体験活動の説明の際に行った。その後実際に自然体験活動に移った。
自然の大切さの意味。
最後のまとめでは、自然が大切の意味を説明しました。自然がないと生きていけない。自然は、恵みを与えてくれ、O₂を出してくれ、自然の知恵を教えてくれたり、文化もはぐくんでくれている。なので最後に身近な自然を大切にしようと伝えて終わりました。
この部分はまとめの中で、行いました。