2019_0205植物の冬越し(ロゼットの観察)山崎町北西部の小学校2年生で授業

ipnetj   2019/02/05   2019_0205植物の冬越し(ロゼットの観察)山崎町北西部の小学校2年生で授業 はコメントを受け付けていません。


この日は晴天で雲一つなく、風も穏やかで観察日和でした。
13人の小さな学年で子供たちは素直でした。この学校では子供たちに発表する機会をたくさん作っていてプログラムの中での発表でもすごくうまく大きな声で話してくれました。
ロゼットでも赤や黄がたくさんあり秋の紅葉観察のようにきれいでした。
このプログラムでは、採取してはいけない貴重な自然と人が手を入れても丈夫でたくさんある自然があり学校の自然は、採取しても自然を壊さないことを伝えました。子ども達の中には雑草を取っても自然破壊という子もいるので今回、配慮しました。また最後のまとめでは、自然が大切の意味を説明しました。自然がないと生きていけない。自然は、恵みを与えてくれ、O₂を出してくれ、自然の知恵を教えてくれたり、文化もはぐくんでくれている。なので最後に身近な自然を大切にしようと伝えて終わりました。採取の問題となぜ自然が大切かをプログラムの中で伝えることにして、先生も子供たちにも伝えたかったことがよりよく理解していただけたと思います。
プログラム
冬越しのプログラム(ワークシート・フリップカード)
植物の冬越し・ロゼットの観察(時間配分)

自然体験プログラム「植物の冬越し」

自然の大切さを伝えるプログラム
http://ipnet-j.com/2019/02/06/2019_0205sizenhogo_p/