2018_0704宍粟市の小学校2年生生活科で自然体験型環境教育活動。

ipnetj   2018/07/04   2018_0704宍粟市の小学校2年生生活科で自然体験型環境教育活動。 はコメントを受け付けていません。


台風が来てたので警報が出て休校になるかと思っていました。天気予報も強い雨の予報でどうなるかと思っていたら雨も降らず2時間うまくできました。晴れ男と晴れ女のパワーが台風に勝ったのですかね。
今回は一クラスが約30名と一番大きな学校で、発表にも時間がかかるので秒単位でプログラム進行を見直し超過しないように準備しました。
「校庭の自然を五感で探そう」をしました。みんなが普通に使っている五感ですが、言葉を聞くのは初めてのようで知らなかったですが、その説明をしました。そして五感で自然を見る理由を知るためにクイズをしました。ある程度急いで説明し見本提示も1つに絞り急いで次々回しました。
外での体験も大急ぎ。でも時間がない中、児童たちは一生懸命探していました。
発表会では、「一つの葉っぱに色がいっぱいあってよかった」、「葉っぱに虫こぶがついている」の見つけたり、「枝を折ったら小さなぽきっという音がした」、ヘクソカズラの匂いを探してくれた児童。「落ちている花を見つけたらきれいで好きな色だった」、「葉っぱお折り曲げたら汁が出てきた」といっぱい発表してくれました。
最後に感想の中で「探す時間は短かったけれどいっぱい見つかってうれしかった」、「五感意外に感じられるものはあるのか?」、「木と草は違うものですか?」、「自然のある割合はどれくらいですか?」と質問をいっぱいしてくれました。
「また2学期も来てくれます」と先生が紹介してくれると児童たちから「イエ~!」と歓声が沸きました。

プログラム
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程)