2018_0608一宮町南部の小学校総合の授業で自然体験環境教育

ipnetj   2018/06/08   2018_0608一宮町南部の小学校総合の授業で自然体験環境教育 はコメントを受け付けていません。

  
雨上がりのこの日、まだ霧雨の中で雨が降るかもしれないという状況で授業が始まりました。
体育館のロビーでできることをし、最低限外に出る時間を短くしました。
初めて受け持つクラスですが、子ども達はてきぱきと行動していました。
いよいよ外へ出ると初めは霧雨。後半に雨が落ちてきました。急いで探しました。葉の端に固いギザギザを見つけた子、山椒があるのを見つけてくれました。手触りがグニュグニュしてる、ツルツルしてると自分のこだわりを持って探していました。色のきれいな花の真ん中が濃い色になっていると細かなところまで観察してくれていました。探したりワークシートに貼るときに子ども達はお互いに助け合ったり話し合って作業していました。身近な自然にも人の暮らしに役立つ発見があり五感で見ることもそのヒントを得る一つの見方であり、そんなヒントをくれる身近な自然の大切さを伝えて終わりました。

プログラム
プログラム(ワークシート、フリップカード)
プログラム(時間行程)