2018_0215子ども環境教育リーダー・実践発表会

ipnetj   2018/02/15   2018_0215子ども環境教育リーダー・実践発表会 はコメントを受け付けていません。

DSC01356ss DSC01357ss
昨年4月に県民局の毎年行なっている発表会を宍粟市に誘致の願いに行ってからあっという間に本番になりました。この間そのコーディネートを県民局から依頼されて、お手伝いしてきました。
早めに会場に着くと、城下幼稚園の子ども達が準備していました。1学期、2学期と自然体験活動をさせていただいた幼稚園です。
DSC01358ss DSC01368ss
会場には350名を超える参加があったとお聞きしました。城下小も1学期、2学期、3学期と自然体験環境教育をさせていただきました。その2年と3年が発表。最後は全校全員合唱でした。
近年にない大きな取り組みになったようです。
DSC01364ss DSC01365ss
宍粟市教育長、兵庫県環境課、基調講演の熊谷先生とともに私たちほんタン、マーサも来賓としてお招きいただきました。
初めに城下幼稚園の子ども達が四季に応じて歌を合唱してくれました。そして1年間の自然体験の活動を発表していました。その中に、私たちが2回活動した報告もありました。先生が後から、発表して自分たちの活動を見直せてよかったとおっしゃっていました。
DSC01376ss DSC01384ss
城下小学校の2年生は私たちの3回の自然体験環境教育を劇にして発表してくれました。ちょっと感動してウルウルしてしまいました。きちんと受け止めてくれていたんだと思いました。
3年生は、水生生物の観察と大豆を育て豆腐を作るまでの活動を発表。みんなしっかりと頑張っていました。最後は、全校生が「ふるさと」を合唱して終わりました。
校長先生はじめ学校の先生方がとてもうまくストーリーを作られ素敵な発表になりました。皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。
その後、企業として日本海水、相生市環境課、市民の自然ドキドキ発見隊と発表があり、最後に熊谷先生の記念講演がありました。講演内容は「リーダーからコーディネーターへ」。コーディネーターって事務局的存在なのかもしれませんね。かなめだと思いました。先生ばかりでも動かない。いい人をつないで動くようにすることかなと思いました。
講評に立たれた県環境課の方は城下小学校の卒業生だそうです。
また、各小学校からも校長先生、教頭先生、担当の先生が参加くださいました。
DSC01361ss DSC01405ss
学校では冬の生け花を展示。冬でもこんなきれいにできたんですね。幼稚園も芋ほりや1年の活動をまとめて展示。皆さんすごく頑張っているなと思いました。
今回の取り組みに、城下小学校のお力添えがすごくあったと思います。皆様ありがとうございました。