17/02/20神戸小3年生総合で環境教育授業

ipnetj   2017/02/21   17/02/20神戸小3年生総合で環境教育授業 はコメントを受け付けていません。

CIMG1113ss CIMG1121ss CIMG1124ss CIMG1128ss

2017.2.20(月) 神戸小学校3年生の報告
朝から雨が降り出して心配でしたが、自然体験の時は雨がやんで、外で無事にできました。さすが、晴れ男と晴れ女のパワー有り(?)なのかと、とにかく何よりだなあと思った次第です。
今日は、神戸小学校3年生の自然体験型環境学習をしました。場所は、体育館の玄関ホールを使いました。ここならば、雨を気にせずにしっかりと学習の説明ができます。長椅子が6つあったので並べなおして、子ども達が座って話を聞きやすくしました。
いつでもどこでもできるをモットーにしている私達ですので、お天気と学校の施設状況を生かして、子ども達の学習環境もあれこれと工夫しながらやっております。
今日の学習内容は、植物の冬越しです。まずは、子ども達の好きなタンポポクイズから始まって、一年草、多年草、そして、ロゼットへと説明を進めました。
ロゼットの意味を聞いてから、自分たちもロゼットになってみようと、担任の先生を中心に子ども達は放射状に広がりました。先生と子ども達の笑顔がステキでした。
次は、校庭に出て本物のロゼットを見てから、自分で探してみました。ロゼットは、本当に地面にペタッと張り付いているので、案外見落としてしまうようです。「ない、ない」と探し回っている子に、「ほら、ここにも、ここにも」と教えてあげると、「あっ、これ、いいなあ」とうれしそうに手に取っていました。
玄関ホールに戻り、ワークシートに貼ってから、発表会です。さすが3年生。自分がいいなあと思った訳を分かりやすく発表していました。
3年生は環境学習で、校外でいろいろな体験をしていると思いますが、校内の校庭と言うこんなに身近な所でも自然体験ができたことが自分の自信になったら良いなあと願っています。
プログラム
冬越しのプログラム

植物の冬越し(ロゼットの観察)2013_0116rozetto_P.pdf
自然体験プログラム「植物の冬越し」
DSCN9753ss CIMG1130ss