17/02/03伊水小学校で自然体験授業

ipnetj   2017/02/03   17/02/03伊水小学校で自然体験授業 はコメントを受け付けていません。

プログラム
冬越しのプログラム

植物の冬越し(ロゼットの観察)
2013_0116rozetto_P.pdf

自然体験プログラム「植物の冬越し」

CIMG0846ss DSCN9281ss DSCN9286ss DSCN9290ss DSCN9302ss DSCN9319ss

17.2.3  伊水小 2年生

今日は、伊水小学校の2年生の自然体験型環境教育の授業の日です。私達が待っていると、子ども達は、業間という休み時間になり、次々と校庭に出てきました。いろんな学年の子が元気よく挨拶をしてくれて、とてもうれしくなりました。

その時、ちょうど北の山に低く虹がかかりました。ちょっとうすかったけれど、きれいな虹で、これもなんだかうれしくなりました。

今日の勉強は、植物の冬越しです。子ども達の大きな声の開始の挨拶で、私達も背筋がピーンと伸びます。自己紹介では、ちゃんと私達の名前を覚えていてくれました。やっぱりうれしいですね。

さっそくタンポポのクイズをしました。4択では、遠慮がちに手を挙げる子、自信を持って手を挙げる子、様々で、タンポポの長生きや根の長さにびっくりしていました。

ロゼットの話を聞いてから、今度は自分たちもロゼットになってみようということになりました。横になってみると、ちょうど太陽がさしてきたし、風も防げて、ロゼットの意味を体感できました。

次は、自分たちでロゼットを探しました。一番に見つけた子は、小さな小さな丸がいくつもあるかわいい葉っぱです。人気があったのは、大きい葉っぱや長い葉っぱでした。「あっ、ここにある!」と大発見の子や、「どこにあるの?」と友だちに聞いている子もいて、探すことをとても楽しんでいました。

発表会では、2つも3つもいいなと思った訳をしっかりと言える子がいて、びっくりしました。自分の見つけた物を全て、一つずつきちんとその訳を発表した子もいて、これまた、びっくりでした。手ざわりとか、見た目の形とか、かわいいからとか、五感をフル活用していましたよ。

身近な校庭の自然の良さ・大切さを学んだ時間になったと思います。