15/11/21奈良森林環境教育指導者交流会。ワークショップデザイン。

ipnetj   2015/11/21   15/11/21奈良森林環境教育指導者交流会。ワークショップデザイン。 はコメントを受け付けていません。

午前の部は、樹木観察(奈良森林インストラクター会)、木工クラフト(神野山観光協会)、里山づくり(奈良県森林技術センター)、羊毛手芸・草木染(山添紡の会)による体験と指導者の注意事項について体験していただきました。関心のある内容に沿って4つのグループに分かれた後、各グループでプログラムが実施されました。

DSCN3661ss DSCN3649ss

DSCN3679ss DSCN3668ss


DSCN3690ss各体験終了後、参加された体験で指導者として身につけておいた方がいいと思う注意事項について振り返りをしました。安全確認や事前準備、子どもへの対応、ケガなどの対応など、指導者として注意する事項なども体験と合わせて行っていただきました。

 

 


午後からは活動実践報告として3名の方から発表をいただきました。

(発表者1)三吉 明 氏DSCN3712ss
個人でたたき染め体験イベント開催等の活動をされています。フォーマットに沿った内容を発表後、実際にイベントで実施したマジックやオカリナ演奏(森林に関するもので、子供を楽しませる工夫だそうです)を実演してくれます。

 

 

(発表者2)岡本 胤継 氏・NPO法人 総合教育研究所DSCN3718ss
NPO法人 総合教育研究所で自然観察等のイベントを開催されています。こちらも、フォーマットに沿った内容の発表後、実際にイベントで実施した森林ゲームを簡単に実演してくれるとのことです。

 

 

(発表者3)森川一生 氏・奥飛鳥Forest RiverDSCN3722ss
地域で行っている田植え、稲刈り、イモ掘り、工作、竹林の伐採、自然観察・体験など活動報告とともに若いスタッフが増えていること、YouTubeなどで情報発信や動画配信をする人など活動の幅を広げておられます。

 

 


●午後のワークショップDSCN3725ss
(本多孝担当講師・一般社団法人IPNET-Jインタープリテーションネットワークジャパン代表理事)
3つの活動を行いました。1つ目は名刺交換によって全員と1対1で交流する。
2つ目は楽しい活動についてブレーンストーミングを行い発表いただく。
3つ目は、楽しい活動を実施するうえでの課題についてワールドカフェ方式で行い最後に振り返りを行いました。

1.名刺交換DSCN3731ss
名刺交換は、参加者全員が1対1で深く交流できるように事前に作成していただいた名刺を交換し合うことで交流しました。2つの班に分かれ時間ごとに違う人と交換することで全員と会話していただきました。県民の皆さんとの交流を図っていただけたらと県庁や林業組合連合会の主催者スタッフも参加いただきました。

 

2.ブレーンストーミングDSCN3759ss
話題は、「楽しい活動とは」
スタッフは、各班についていただき、話をまとめたり、リードするのでなく、あまりしゃべらない人、しゃべりすぎの人に注意して振り分けるなど適時行っていただきましたが、皆さんがうまく進めてくださりスタッフの役割は大幅に軽減されました。円滑に行ったので、出番はないようでした。付箋に書きこんでテーマごとに分けて貼ってもらいその結果を話し合う。
今回人数が少ないので、3グループにします。5~6人
・どんな活動が楽しい?または楽しい経験をした?こんな楽しい活動をやってみたい。
・その魅力は?、楽しさはどんなもの、どんな感じ、どんなことを期待しますか?
・その楽しい活動をやるためにどんなことが必要か?やっている人はどんな手立てをしているか?どんな人とやりたいか?どんな人を求めている?
・どんな工夫があると楽しいか?
・楽しい活動を呼びかけるアピールを一言述べ合おう。
・発表、全員が出て代表が行いました。

3.ワールドカフェDSCN3768ss
話題は、「楽しい活動を進めるための課題」
テーマ別にテーブルを設け、一定の時間ごとにすべてを自由に回る。
スタッフは、各班についてください。話をまとめたり、リードするのでなく、あまりしゃべらない人、しゃべりすぎの人に注意して振り分けるなど適時行ってください。円滑に行けば出番はないと考えてください。最終的な発表をしてください。
テーマは、A.人のネットワーク(スタッフ仲間や参加者の獲得)、B.財政について(どうする、どうしている?)、C.フィールドやプログラム(活動場所やどんなことをするかできるか?)
これらを議論しのちに付箋に書いて貼り出す。KJ法(関係したもの、同じような内容をかためる)で分類する。3回同じ模造紙にどんどん追加して最終結果をスタッフが発表する。

4.全体の振り返り。
本日の流れとその意図を話し各自から感想を述べてもらいました。
以上、県庁から閉会のあいさつ後解散いたしました。


交流会プログラム (全体をコーディネートしました。(社)IPNET-J本多孝)

9:00 受付
9:30~ 主催者挨拶 奈良県森林整備課
アイスブレイク
森林環境教育プログラム体験
(1)プログラム体験・里山整備  奈良県森林技術センター
(2)プログラム体験・木工工作 神野山観光協会
(3)プログラム体験・草木染及び羊毛手芸 山添紡の会
(4)プログラム体験・樹木観察 奈良森林インストラクター会
体験振り返り 本多孝担当講師・一般社団法人IPNET-Jインタープリテーションネットワークジャパン代表
<昼食>
12:45~ 森林環境教育実践活動報告
(発表者1)三吉 明 氏
(発表者2)岡本 胤継 氏・NPO法人 総合教育研究所
(発表者3)森川一生 氏・奥飛鳥Forest River
<休憩>
ワークショップ、本多孝担当講師・一般社団法人IPNET-Jインタープリテーションネットワークジャパン代表
(1)名刺交換会 各自自己紹介と交流
(2)ブレーンストーミング 各自自己紹介と交流
(3)ワールドカフェ 楽しい活動を進める課題について
(4)振り返り・まとめ
閉会  奈良県森林整備課