ホームページは看板じゃない。

ipnetj   2014/07/09   ホームページは看板じゃない。 はコメントを受け付けていません。

CIMG5365ssホームページ作りの勉強会がありました。
もう、2年半ほどになります。方針転換しHTMLから、ビルダー、そして今はWordpressです。この切り替えの時にメンバーががらりと変わってしまいました。男の年配組が離れていき若い人と新しい女性陣にとって代わってきました。
今は、専門家の講師に毎月来ていただいて、丁寧に教えてもらっています。
ホームページを作ったりWordpressを使いこなす技術は、ゆっくり学びながら、今は、HTML、CSSやPHPをいじってテーマを自分好みのデザインに変えていく、少々難しい分野に突入しています。
それはそれとして、ホームページは、単なるお店や団体の看板ではないという使い方が問題です。今や楽天のようにこのホームページが億単位のお金を動かす時代でホームページそのものが、お店になります。
情報更新の頻度やホームページの構成、SNSとの連携と、役割分担など・・・。
ページ訪問者も追跡できます。どのページを見てどこへ行くか、どれだけ滞在しているか。
たとえば通販のサイトで、商品を見て、それをカートに入れて、購入方法へ進んだ段階でキャンセルして出ていっている。原因を探ると、購入方法が以前の古いページのままで現状に合わず、ためらわれたということでしょう。きちんと購入方法を更新していれば、確実に売り上げにつながったはずです。そういう分析もできますが、単にどのページがよくみられているぐらいで満足していたら商売になりません。データを分析し、改善する方向を知る。そして行動して直す。使い方一つです。
このホームページは、Wordpressを使っていますが、以前のHTMLページの延長から脱していません。変更を考えていますがなかなか時間が取れないのが実情です。以前のホームページから引越しをするだけでも3か月かかってしまいましたが没頭するとほかの更新も何もできませんでした。それぐらい大変でした。
これからは、動画というのがポイントになります。
YouTubeを見ているとどれぐらいの長さが見やすいか、どんなものにすると難しい政治の話も面白く見れるか、YouTubeの登録だけでやっている人もいる。ホームページそのものがもう時代遅れか?
それでもホームページの利点もあります。うまくベストミックスが必要だなと思います。
もう一つ、パソコンは作業するには最適ですが、見るにはいちいち開けなければなりません。その点、スマホは、常に電源オンで、どこでも見れます。パソコン用ホームページ一つでスマホ用ホームページに自動的に切り替わるプログラムもあるようです。
まだまだ追いついていませんが、ヒントはいっぱいいただきました。時代の変化に対応していきたいものです。