自分の思いを言葉や文で表現することの大切さ

ipnetj   2014/06/28   自分の思いを言葉や文で表現することの大切さ はコメントを受け付けていません。

CIMG5320ss1学期に、生活科の授業で自然体験を行なった学校からサプライズが届きました。
封筒を開けてみると1冊の冊子が入っていました。タイトルは「ありがとうございました」とクラス全員の集合写真。中は、児童一人一人の顔写真と感想が貼ってありました。
担任の先生がわざわざ子どもたちに書かせて作成してくださいました。
子どもたちの気づき
花に紫、ピンク、葉っぱに黄色、茶色、オレンジ、みどり、匂いがするヨモギ、こんなに種類があるのですね。
葉っぱの匂いを嗅いだらすっぱい匂いがしました。
手で触ったらつるつるしていました。
大きな葉っぱが、表はつるつる、裏は凸凹、ふわふわしていました。
タンポポの葉っぱは見たら痛そうですが触ったら痛くなかった。
といっぱい自然を五感で感じてくれました。いろいろな気づきがありました。そういう自然の見方もあるんですね。
感想
いろいろ探すのが勉強になりました。
いいねカードを大切にするよ。
自然を見つけるのが面白かった。
生活科が好きになった。生活科の勉強が楽しくて面白かった。
2学期、3学期もまた来てね。と感想を書いてくれました。

写真を見ると子供たちが貼ったワークシートをとても大切に持っていてうれしかったです。
この学校では、校長先生が、以前からおっしゃっていましたが自分の内面を言葉や文で表現することを大切にしているそうです。
そういえば昨年の震災学習の時も担任の先生が、子どもたちの感想を持ってきてくれました。今回もこんな形にして子どもたちが書いてくれました。子どたちも素晴らしいし、校長先生の考えも素敵で、それを実践している担任の先生もすごいと思いました。