フィールドの下見は安全確認が第一

ipnetj   2014/05/23   フィールドの下見は安全確認が第一 はコメントを受け付けていません。

CIMG4682ss24~25日は、奈良で森林環境教育指導者研修会で前日から来ています。
慣れたところでもフィールドで活動するときは必ず下見をします。そこでどんな体験活動プログラムができるかという下見よりも安全はどうか、危険なものはないかその確認を一番に念入りにします。
同じ場所でも季節が変わったり、月日がたてば様子が変わってきます。
以前、観察会のために下見をしいい場所を見つけたのでそこでプログラムを一つしようと思いました。
入念に下見をしましたが特に危険なものはなく安全と判断したのです。
ところが当日行ってみると何やら八が飛んでいます。その数も多いので、よく見てみると木の室にハチが巣をつくっていたのです。
CIMG4681ssその場の判断で、そこは回避して移動しました。
しかしあれだけ十分確認しても、下見で見つけることができなかったのにその時発見するということがありました。念には念を十分入れたつもりですが、十分ということではありませんでした。
その場所は、確かにあまり人が行かないところではありますが、その木々に覆われたスペースには鉄筋の休憩所もあるようなところです。
下見は、安全を第一に見る。そのことが大切だと思っていつもこの視点で見ています。

フィールドには生まれたてがいっぱいありました。