できない子どもに賞を上げるコツ

ipnetj   2014/04/15   できない子どもに賞を上げるコツ はコメントを受け付けていません。

子どもたちを励まそうと先生方の中には手作りの金メダルを作ったり、表にがんばったらシールを張るなどして子どもの励みにしている方も多いと思います。

できる子は黙っていても賞をあげれますし、あげたときクラスの前で皆に拍手されたらすごい励みになります。中間的な子どもも、刺激されて頑張ろうという気になり全体に底上げできます。

しかしそこで終わったのでは、だめです。一番難しいのはできない子がいかに賞をもらえるようにするかです。それも甘くして何とかあげたというよりも、クラスのみんなが納得してあげれるシーンを作ることです。

クラスで、学活や朝授業の時などに、名人に習おうということを続けてきました。折り紙名人、あや取り名人、コマ回し名人・・・・。何かそのこのいいところを引き出してあげるとみんなの前で得意げにやってくれます。そういうところに賞を上げる。クラスのみんなにあげてもいいかなと聞くとみんな納得して「あげてもいいよ」と言ってくれる。その子にとってすごい自信になります。いいところをちゃんと見つけてあげて、シールや賞を上げることが大切です。できる子は黙っていてもあげられるから、プロの先生の腕の見せ所はできない子どもにいかにみんなが納得してあげれる環境を作るかです。