野外活動の心得・救急用品と一緒に熱中症対策も

ipnetj   2014/04/12   野外活動の心得・救急用品と一緒に熱中症対策も はコメントを受け付けていません。

リーダーの心得・救急用品と一緒に熱中症対策も
観察会や野外での活動の際、万が一のために救急用品を持ち歩くことは、リーダーとして当然のことです。
あまり事故が起こったり、怪我をすることはありません。
最近は、この猛暑で野外で活動する際は、熱中症対策が必要になって来ています。
まずリーダーが倒れたのでは、話になりません。帽子や水筒を持ち歩くことは当然です。
それだけではなく、自分用の水筒以外にも氷を入れた魔法瓶タイプの水筒とタオルなどを持ち歩き、いざと言うときはタオルをぬらして首筋を冷やしたり、飲ませたりと応急処置が必要なときがあります。
特に子ども達は要注意です。
救急用品と同じように熱中症対策用の水も持ち歩くことが大切と思います。水筒=救急用品と言う感覚が大切かなと思います。