兵庫で今年最後の研修会開催

ipnetj   2013/12/26   兵庫で今年最後の研修会開催 はコメントを受け付けていません。

26日、宍粟市役所の会議室と横の公園で研修会を開催しました。
宍粟市の小学校で活動しているスクールインタープリターの皆さんに集まっていただきました。
環境教育の行動する人づくりと学校教育の人づくりの共通点があります。
単に環境の問題や自然と触れ合うことで済むのだろうか。
感性や情緒を育てるという次元で、環境問題に対応できるのだろうか?
環境問題は大人になってから取り組む問題で、子どもの時は、種を巻き育てるということでいいのだろうか。
子どもをめぐる環境問題は当然ありますし、それらが地球環境問題から関連、反映していることも事実で、クラスは社会の縮図と言われているのは学校関係者の間では、常識です。
環境教育の目標である、問題解決のために行動できる人材(ベオグラード懸賞)育成は、学校教育目標の生きる力・自立心を育てるのと同じことではないでしょうか。
環境教育と学校教育の関係性について学んでいただき、野外実習も体験だけでなく参加型でその趣旨を自然を対象にした活動の中で学んでいただきました。
1月からの学校での活動に取り入れていきたいと考えています。