兵庫県宍粟市の小学校2年生生活科でSIP活動

ipnetj   2013/01/24   兵庫県宍粟市の小学校2年生生活科でSIP活動 はコメントを受け付けていません。

23日、兵庫県宍粟市山崎町の小学校2年生生活科でSIP活動をしてきました。
e-みらっそ環境教育プロジェクト活動として行なっているものです。
この日は、3回目。子ども達もすっかりヒゲおじさんやマーサのことを覚えてくれていて、「この間イオンで買い物してたでしょう」って見られていました。
3学期になると子ども達の様子もずいぶん変わってきました。クラスによって子ども達の違いも良く分かるようになっていました。
自然体験型環境教育では、SIPが何かを教えたり解説するのではなく、子ども達が自然の中から見つける体験を通じて学ぶ事を重視しています。そしてほめることで子どもに自信を持たせ、発表することで思考力、表現力を育てるように取り組んでいます。
ベオグラード憲章の環境教育のゴールである問題解決のための実行者づくりと、学校教育の自立した人間づくりは共通しているところです。
子ども達が、がんばって探している姿に、ヒゲおじさんは感動しました。
宍粟市内の2~4年の先生方に、この間の活動のアンケートをとらせていただきました。今後私たちの活動の糧にしていきたいと思っています。