飛鳥国営公園のボランティア講座に行ってきました

ipnetj   2012/11/09   飛鳥国営公園のボランティア講座に行ってきました はコメントを受け付けていません。

11月8日木曜日、奈良県の飛鳥国営公園のボランティア講座に行ってきました。
研修室の前がとてもきれいなフィールドで、この身近ないつも触れることの出来る自然の大切さを伝えるには絶好の場所です。
はじめは、室内で講義。環境教育とは、インタープリテーションとは、子供との接し方をワークショップも交えながら行ないました。
その後、野外に出てインタープリテーションプログラムによる自然体験型環境教育を2つ体験していただきました。
受講者は、熱心に探してくれました。季節探しで「落ち葉なら、秋だけれど、落ち葉が舞い散っているのを見るともう冬だな」と思ったとか、ススキのあるところで「ススキを生けてもうまく生けられないけれど、自然にススキが広がっている様子が美しいと思った」、「コケのある石がいい」とか「西日が紅葉に当たってきれいだ」など感想を分かち合っていました。

この講座は公園で、ビジターに対してイベントなどの機会に活動するボランティア養成ですが、単なるカルチャーで終わる方もあるようです。
講座の目標は明確に、公園でのボランティア活動ですがその役割や社会的使命などボランティアにとって、どんな社会貢献活動か理解してもらうことが大切ではないかと思いました。知識は後から付いて来るものです。歴史や自然の知識、技術や手法の羅列でなく、目標に確実に向うカリキュラムの充実がさらにすばらしい講座につながっていくと思いました。