東北大震災・各地の仲間が今も活動

ipnetj   2012/07/05   東北大震災・各地の仲間が今も活動 はコメントを受け付けていません。
IPNET-Jの運営委員をしてくださっている片岡さんが、先週東北の七ヶ浜町へ瓦礫撤去のボランテイアにいかれました。報告をいただきました。

大阪・片岡さん
宮城県七ヶ浜町瓦礫撤去作業に参加。活動中にはさまざまなモノがありました。津波の前後の生活の後がむなしく語っていました。ブラインドの後の紐・毛糸の玉・お茶碗のかけら、瓦のかけら、などさまざまな思い思いの物がありました。一人の人が思い出のビデオテープらしいものを手に取り、泣き出す事もありました。テレビで見ていた、瓦礫の山を実際に目の前にして、津波被害の一瞬のすごさを感じました。話せば山ほどの体験になり、たった一つのかけらか人生を語ってくれた。参加して、いろいろ勉強になりました。帰路のバスの感想に機会があればまた参加しますが多かったです。本当に参加して、よかったです。

また、IPNET-Jの参与をしてくださっている山形の八木さんも地元で震災支援の活動をされています。
八木さんは、ご自身が主管する葉っぱ塾として、今まで出来る事を初期から続けられており、今も継続されています。
IPNET-Jの震災支援活動にも何回も参加くださいました。
あわせてその活動も紹介します。

葉っぱ塾東北震災支援活動のブログ

http://blog.livedoor.jp/happajuku/archives/cat_50048991.html

葉っぱ塾のホームページ

http://blog.livedoor.jp/happajuku/