12/02/09兵庫県小野市來住小学校で震災学習

ipnetj   2012/02/09   12/02/09兵庫県小野市來住小学校で震災学習 はコメントを受け付けていません。

IMG_4035ss9日、午後12時45分から兵庫県小野市來住小学校で震災学習の授業をしました。
この小学校は、東北の子ども達に励ましのお便り作戦に参加してくださった学校です。
保護者も一緒に作ってくれましたので、今日の授業には、保護者の方々も参加され、子供も大人も一生懸命聞いてくれました。
この日は、教育委員会の方もお二人見えておられたそうです。あとで教えていただきました。
この小学校では、西脇市在住のスクールインタープリターの絹川さんが、いつも学校での自然体験型環境教育を行なっている関係で震災支援の取り組みを以前からしてくださっていました。
今日は、絹川さん事、アマガエルさんとひげおじさんの二人で行いました。

IMG_4039ss初めは震災の様子をスライドで見ていただきながらお話をしました。
マンションの3階まで津波が押し寄せ、津波に流された車や、家の基礎だけを残して全部流され広場のようになった住宅地。街中まで大きな船が流され横たわっている様子。そして逃げのびてきた人たちの生の声!
子ども達の避難所での様子や私たちIPNET-Jの震災ボランティアの活動など紹介しました。
そしてみんなにできる応援をしていく必要性や、今もまだまだ大変な状況をいつまでも忘れないように「感謝の気持ちや助け合いの心を大切に」する事を伝えました。

授業が終わってから、校長先生とお話をさせていただきました。すばらしく熱心な校長先生で、まず自分が進んで「言行一致」の精神で、子ども達にも教職員にも接しておられ、この校長先生が赴任してから万引き、不登校、親とのトラブルなど一切なくなったそうです。誰よりも早く出勤し最後まで残る。若い先生方へも教育者としての信念をきちんと伝え育える意思をもたれている方で感心しました。
ついつい長いをしてしまいました。