2年生活科でのスクールインタープリターの授業その2

ipnetj   2012/02/09   2年生活科でのスクールインタープリターの授業その2 はコメントを受け付けていません。

葉っぱに薄い毛がはえていたり、つぼみにも毛があったり虫メガネで見るとそんな様子が良く分かりました。
寒い冬は何もなさそうですが、花が咲いているのを見つけてくれました。
生き物もいっぱい見つけてくれました。緑のカメムシ、セミの抜け殻や木切れの隙間で隠れて丸くなっているマルムシ、ミノムシがいっぱい付いた木。細い小枝をきれいにつないでミノムシのみのをつくっていました。
小さな虫たちが、落ち葉の下で冬ごもりしていました。
子ども達は、見つける喜びをSIPに伝えたくて仕方ない様子。
「いろんな自然や生き物が春を待っていたね。生き物の冬をすごす様子や知
恵を見る事が出来ましたね。僕らが毎日生活している学校の自然の中でも春
を待っている生き物たちが、一緒に暮らしているんだね。」
「だから」
「そんな自然に興味や関心を持ったり、自然を大切にして行くために『生き
物や友達に優しくなってください』。箕面の山にももっとたくさんの自然がが
あります。箕面の山に関心を持ったり皆で守っていこうね。」
とメッセージを伝えて終わりました。