小学校でのSIP活動・冬の自然の音を探そう1

ipnetj   2012/01/18   小学校でのSIP活動・冬の自然の音を探そう1 はコメントを受け付けていません。

本日、大阪の小学校1年生の生活科で、SIP活動を行ないました。
4クラスのうち2クラスが、インフルエンザで学級閉鎖。残りの2クラスも何人かお休みがあり、もう一人でも休みがあれば学年閉鎖になっていたかもしれない状況の中での開催でした。いつも3時間目、4時間目の2回実施していますが今回は、3時間目のみ。1年生最後のSIP活動だけに少し寂しい開催でした。
今回は、冬の自然の音を探そうと、歩くとカサコソ言う落ち葉のじゅうたん、さらさら言う落ち葉付き枝、ぽきんと響く乾燥した小枝。イチョウの葉っぱを2枚こすり合わせてやさしい音を見つけてくれたり、木の皮をおる音、子ども達は、落ち葉と枝をすり合わせたりといろいろな冬の音を探しました。
大きな音がするようなものではなく小さな音も見過ごさず、かさかさした乾燥の冬でもやさしい小さな自然の音を探してくれました。
集めたものでいっせいにオーケストラ演奏。ある班は、一本の木の周りに集まりこすたり、触っていろいろな音を探していました。