11/11/14箕面市立萱野保育所・年長組さんと震災のお勉強

ipnetj   2011/11/14   11/11/14箕面市立萱野保育所・年長組さんと震災のお勉強 はコメントを受け付けていません。

IMG_3007ss箕面市の東保育所の年長さんクラスで、震災学習をしたのがきっかけで、市の教育委員会子ども部幼児育成課から今度は、萱野保育所でしてほしいと連絡いただき、保育所の所長さんと日程調整して今日(11月14日)午後から3名のスクールインタープリターの参加で行ないました。
子ども達は地震の事をニュースなどでよく見ていて津波の怖さや大変さを知っていました。子ども達にとってはどこに東北があるのか分からないくらい遠くの出来事ですが、一生懸命スライドやお話を見聞きしてくれました。
難しい言葉や見た事もない光景に驚きの声を上げていました。
津波に飲み込まれた子がたまたまその引いたお父さんに助けられた事、地獄のような町を冷たい水につかりながら避難した事、一瞬の隙に土手に駆け上がって助かった事など、私たちが現地で聞いたり話してもらった生の声を伝えました。
東北の保母さんがみんなの元気になるようにと作ってくれた切絵パズルをしたり、ふるさとの歌をみんなで歌いました。
どこで覚えたのか子ども達はみんなふるさとの歌を知っていました。ちょっと驚きです。
家族を大切にする事、感謝する気持ちや助け合いの心を伝えて約40分ほどで終わりました。
大変な地震や津波で保育所や幼稚園児も犠牲になりました。子ども達を預かる園としても日ごろの避難訓練などの想像をはるかに越える中で一瞬の判断を迫られたところもたくさんあったと思います。
後になっていえる事はたくさんあっても何が起こるか分からないものに備えて冷静に判断する事は至難の業です。
今、生きている命を大切にして育ってほしいです。