11/07/14兵庫県宍粟市山崎町の小学校で震災支援学習

ipnetj   2011/07/14   11/07/14兵庫県宍粟市山崎町の小学校で震災支援学習 はコメントを受け付けていません。

IMG_1582ss兵庫県宍粟市山崎町の山間いの小学校で震災支援学習(5.6年生総合)
兵庫県宍粟市山崎町の山間いの小学校で震災支援学習を5.6年生の総合の時間にさせていただきました。
創立130年を超える歴史ある小学校で、15年ほど前は100人を超える児童がいたそうですが、今は、30数人の在校生になりました。校長室には「ふわふわチャン」を広げようと言う標語が貼ってありまいた。その意味を校長先生が教えてくださいました。
チクチク、トゲトゲしたいやな言葉より、相手が気持ちよくなるようなふわふわしたやさしい言葉を広げていきたいという思いからだそうです。

IMG_1587ss5.6年の総合学習の時間に震災支援学習。
この地域は、山崎断層、土万断層があり11年ほどの周期で大きな地震が起こっているところです。もうそろそろ次の地震が来てもおかしくない状況です。
今回は、スクールインタープリター一人で行きましたので、担任の先生にもお手伝いいただき手紙を読んでいただきました。
よく、ゲストティチャーに丸投げ授業と学校側が批判されることがありますが、先生も役割を持ってくださることにより、一緒に授業を行なうことが出来たと思います。
5時間目に、5.6年生あわせ12名で授業を行ないました。
はきはきした優しい子ども達で一生懸命聞いてくれました。
パズルも「虹から作ったらわかる!」と段取りよく協力しててきぱきと完成させてくれました。
皆で「ふるさと」の歌をうたいました。皆、良く知っていました。学校で習うのかな?
最後に感謝の気持ち助け合いの心を伝え、児童から感想を話してもらいました。

今回は、一人で行ったので写真が写せませんでした。
山間いの学校の雰囲気だけでも・・・。