11/07/04兵庫・西脇市立双葉小学校で震災支援学習

ipnetj   2011/07/04   11/07/04兵庫・西脇市立双葉小学校で震災支援学習 はコメントを受け付けていません。

DVC00021.JPG兵庫・西脇市立双葉小学校で震災支援学習
兵庫・西脇市立双葉小学校で震災支援学習
小学校全校生徒と地域の住民をお招きして、全校集会として60分の震災支援学習を行いました。
全校生30人ほどの学校です。
会場は、体育館で行いました。スクールインタープリターは、2人で、スライド係と手紙を読む係りと分担して行いました。
初めに震災の現地の様子をスライド上映で見ていただき被災者の話やお手紙を紹介しました。
私たちも現地に行きましたが、津波当時の生々しい様子は、やはり地元の方のお便りでないと写真だけでは伝えられません。
山元町、多賀城市、七ヶ浜町、東松島市などの被災の様子を見ていただきました。
そして被災した子ども達やお母さん、おばあちゃんなどと私たちが、行なってきた活動を紹介しました。
工作や人形劇、ハーモニカやライヤー演奏などの活動から、被災者の話を聞き相手になったり、被災者同士の、情報交換の場になった事を見ていただき実際に現地へ行ったボランテイアの感想や思いを話していただきました。

DVC00024.JPG切絵パズルやふるさとを合唱
その後、現地で行なった切絵パズルとお手紙紹介をし、皆で「ふるさと」を合唱しました。
最後に、皆さんにお願いしたい事として食事に何が出ているかのスライドも上映しました。
「食べたくても食べれない人もいます。 給食や食べ物を大切にしてください。 作ってくれた人、野菜などを育ててくれた農家の人に感謝の気持ちを大切に。
被災者は、まだまだ大変です。これからも長く応援していきましょう。また義援金などしてあげてください。そういう助け合いの心を持ってください」、とお願いしました。
そして伝えたい事として、「感謝の気持ち 助け合いの心を大切に」と横断幕を皆に読んでもらいました。
最後に児童会長が、私たちに全校生を代表してお礼の言葉を述べてくれました。初めは、前もって練習してきたのかと思っていました。
でも話の内容が今回のスライドの内容にぴったり合い、まるで事前に内容を知ったうえで考えたのかと不思議でした。
後で教頭先生が、校長室で「あれは即興でしてもらった、準備はしていなかった。本人が自分なりに言った」と教えてくれました。
私たちが伝えたかった事を見事に受けとめてくれたようでした。