学校での自然体験型環境教育活動・生活科2年

ipnetj   2011/05/25   学校での自然体験型環境教育活動・生活科2年 はコメントを受け付けていません。

小学校2年生活科でのSIP活動報告
5/25大阪箕面市の小学校でスクールインタープリター7名が生活科2年生の授業を行いました。
2クラスずつ3時間目、4時間目の2回行いました。
今回フィールドは中庭で行いました。
今日は、教科書に沿って「生き物探し」を行いました。
導入で、この地域の山の中で見られるアサギマダラというチョウチョのクイズでスタートしました。
アサギマダラはどれくらいの距離を飛ぶか、4択で答えを選んでもらいました。
外国まで飛んでいき2000Km以上飛ぶものもいる事にびっくり。
その後、4つの班に分かれて、生き物探しビンゴをしました。
虫のお家、虫の食べ跡、虫のファッション、つながり、今日のスペシャルは「子ども」を見つけることでした。
中庭の植木鉢をのけて見たり、学級園の横で探しました。
ヤスデやミミズ、コオロギの仲間、テントウムシ、幼虫のアオムシ、クモ、アリ・・・
棲み処や食べ跡、ウンチまで見つけてくれました。
虫たちの暮らしを見つける事を通じ、虫たちも、私たちも暮らしているこの自然を大切にしようと伝え終わりました。
子ども達は授業が終わってからもリーダーの周りから離れないで自分の見つけたものを見せていました。