11/05/16大阪に無事到着

ipnetj   2011/05/16   11/05/16大阪に無事到着 はコメントを受け付けていません。

IMG_0565ss大阪に無事到着
大阪に無事到着
途中合流の岡山Yさんを含め4名無事、大阪に帰り着きました。

今回の活動を振り返って、

●新しいチームでチームワークを作ることが毎回の課題であることもわかったように思います。
前回は、2名が中心で進めていたので比較的意思疎通もしやすかったし人生においても活動においても経験豊かな方々による活動でした。
今回はプログラムとアクテビティー、各自の分担と役割、担当以外のときに何をするのか(サイドワーク)、それらがボランティアに充分理解されていなかったのか、または荷が重かったのではないかという問題がありました。プログラムや打ち合わせがまったくいかされていませんでした。
ボランティアの経験や力量が様々な中、即戦力が求められ、しかも心のケアを行う専門性からは、ボランティアが入れ替わり立ち替わり現地に入ることが適切ではないと思われます。
今回を通じボランティアチームワーク作りが大きな課題であることがわかりました。
非常に低調な活動となり被災者の方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

●地元にIPNET-Jの関係者や、連携できるボランティア団体があるところは今後の活動の場が確保できていますが、そうでないところは行政の管理の仕組みが変更になるたびこちらの対応も変えていかざるをえず、活動を停止しなくてはならないところも出てきました。
子ども達や年配者が、私たちのことを楽しみにしてくれているのに残念なところです。

必ずしも管理者が求めるボランティア活動と被災者が求めるボランティア活動が一致していないことや避難者本位の求められるものを管理者がどれだけ理解しているかが課題です。優先順位の高い活動は、管理者も避難者も共通しますが、そうでないところがあるのだと思います。

ボランティア支援のあり方について行う方、受け入れる方とも阪神大震災のときと違う状況が東北大震災にありますがこれらについても最終的に教訓をまとめて次の震災に備える必要があると思います。