11/05/15多賀城市、七ヶ浜町へ

ipnetj   2011/05/15   11/05/15多賀城市、七ヶ浜町へ はコメントを受け付けていません。

多賀城市のボランティアセンターへ
多賀城市のボランティアセンターへ
ホテルを8時に出て、多賀城市のボランテイアセンターへ行きました。
入り口は、力仕事のボランティアの皆さんでごった返していました。
私たちはそことは違う受付に行き活動の申告をしてきました。
毎回ころころと担当者が変わり、そのつど同じ説明に苦労します。
IMG_0542ss IMG_0543ss
ボランティアの打ち合わせ
初めての顔ぶれに、しかも人数が多いので意思疎通も大変です。
2日目とあって、ボランティアセンター出発前に打ち合わせ。
役割やプログラムの順番など確認しながら、状況によって変則的になることも考えて打ち合わせをしました。

山のような廃棄物
多賀城市ボランティアセンターから山王地区公民館へ向かう途中、瓦礫が集められた山に何度も出くわしました。
それでも片付かないぐらいの大量の瓦礫。後の訪れた七ヶ浜町も電力会社の敷地に山のような瓦礫が積みあがっていました。

前回は、山王公民館のボランティアさんの後ろを着いていったのでよく道がわからなかったですが、今回は自力で行ったので良くわかりました。比較的近いんだと思いました。

IMG_0550ss IMG_0546ss

山王地区公民館避難所へ
公民館に着くと花壇のところにいた女の子が、私たちのことを覚えており「アマガエルさんは?」と聞いてくれました。集まった子ども達の顔は、そういえば前回見たことある子達ばかりでした。
公民館3階のスペースで、避難所のボランティアと一緒に手遊び、工作、またまた手遊び、ハーモニカ演奏と歌声、ティーパーティーと進めました。昨日の反省も踏まえ皆が一丸となって行うことが出来ました。
ティ-パーティーでは、皆でお茶やお菓子を囲んでほっとする時間を持ちました。
子どもを抱えるお母さんは、子どもの世話と家族の世話で大変そう。
小学校の3年の女の子は、皆助かったけどお姉ちゃんは危機一髪で命拾いしたことを話してくれました。学校も津波で浸かってしまったそうです。
毎日、食事がおにぎりとカップ麺系、たまの炊き出しも焼きそば系と、食生活のバランスが問題のようです。前回は、たまたま炊き出しのボランティアが来ていたときだったようです。
そういえば、昨日の山元町も昼食は、おにぎりとお汁と野菜ジュースでした。
まだまだ食生活は大変なんだと思いました。

多賀城市仮設住宅建設
多賀城市も仮設住宅が建ちだしました。
昼からは、再び多賀城市のボランティアセンターへ行き今後の予定について申告し、仙台市宮城野体育館避難所と多賀城市の総合体育館避難所にも行って申告してきました。
今回、行政の避難所管理の仕組みが、以前から変わり避難者が求めている支援と避難所管理者が求めている支援に違いがあるように思いましたが、一番大切な避難者がどこかに忘れ去られないように願っています。

IMG_0553ss IMG_0563ss
七ヶ浜町中央公民館へ
七ヶ浜町のボランティアセンターと七ヶ浜町中央公民館避難所(約200名の避難者)へ行きました。
七ヶ浜の公民館は、次週訪問することにいたしました。
七ヶ浜町も仮設が一部完成し、入居されていました。別のところでは建設が進んでいました。
また浜に近いところは、住宅、車が流され田んぼは、瓦礫だらけになっていました。

その後仙台へ戻る途中、休憩に立ち寄ったファミレスには野菜もお肉も豊富なのに避難所では、何処も食事がおにぎりとカップ麺、たまの炊き出しも焼きそば系と、食生活のバランスが問題のようです。まだまだ食生活も元には戻っていないのだなと思いました。お年寄りや食事制限がある方には、つらい食事と思います。
早く仮設に入り食生活が改善されることを祈るばかりです。